雑談

スポンサーリンク
雑談

【新社会人向け】仕事と欧州サッカー観戦を両立する10の方法

はじめに 本記事を執筆している4月という月、これは日本で最も多くの方が新しい生活を始める月と言えるでしょう。 特に社会人になられた方。 これまでの学生生活とは大きく生活が変わることになるでしょう。 そんな中、趣味で...
雑談

「勝者のメンタリティ」と初めて獲得する方法

勝者のメンタリティ サッカーのみならず、勝負の世界では「勝者のメンタリティ」という言葉をしばしば耳にする。 今日はレアル・マドリードがマンチェスター・シティに勝利を収めた。 後半45分からの逆転劇で、見事にCL決勝の切符...
雑談

再開したブンデスリーガが示唆するサッカー界の未来

それはここまで歯を食いしばる世界中の娯楽産業に勇気を与えるゴールであった。そしてエンターテイメントという文明が、未知のウイルスに向けて放つ反撃の一撃目でもあるのだ。
雑談

「サポーター」とは。世界で一番愚かな生き物について

自分のチームが最高だと言える。 それが唯一の資格だろう
雑談

プレミアリーグの愉快な主審たち

彼の主審らしさを剥奪しているのはその腹回りである。審判もアスリート、と言われることが多々あるが、これで務まるアスリートなど「イングランドプレミアリーグ主審」という競技だけだろう。
プレミアリーグ

プレミアリーグで話題沸騰のあの女性審判について調べてみた

前職は地元コヴェントリーの学校の体育の先生だったそう。審判に体力は必須ですが、おそらくそうした経験も現職の役に立っているのでしょう。なかなかだらしない体型の審判も多い中、非常にスマートで、多分ジョナサン・モスよりは足が速くスタミナもあるものと推察されます
雑談

ご新規さん必見のプレミア元ネタWikip〇dia

13-14シーズン第31節、チェルシーvsアーセナル(6-0)のこと。ペナルティエリア内でハンドしたアレックス・オックスレイド・チェンバレンと間違えてアンドレ・マリナー主審がキーラン・ギブスを退場させたことから。 何か誤審があると引き合いに出され、「あれよりはマシ」と言われる。
プレミアリーグ

そびえる「最後の砦」。プレミアリーグの守護神をまとめてみた。

本日はプレミア守護神を集めてみました。プレミアリーグは世界最高なのか、という問いは何度か出て、まあ答えなんて出ないのが当たり前なんですが、中下位まで含めたゴールキーパーのレベルの高さは半端ねえと思います
雑談

青き点取り屋の苦悩。チェルシー”CF”の系譜。

ただしゴール数こそ多くなかったものの大一番で輝く姿はさすが「エル・ニーニョ(神の子)」。語り草となる優勝した11-12シーズンCL準決勝でのバルセロナを撃沈させる独走弾、決勝での同点に繋がる初のCK獲得、12-13シーズンではEL決勝で先制点をあげ優勝に貢献した。自身にとっては難しい時期となったチェルシー在籍期間ではあったが、チームのタイトル獲得への寄与は決して少なくない。
チェルシー

日本で海外サッカーを見る時に気を付ける10のこと【チェルシー観戦記】

一番危険なのが「スタメンを確認して寝る」で、原則試合の1時間前に発表されるスタメンを見てから寝るという妥協策がありますが、スタメン見てワクワクの心を静めるのは至難の業。気づけばキックオフ30分前になり、「もう寝るのやめた」となること間違いなしです
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました